もじゃログ

暇だけど面白い日常をぼちぼち描きます。 天然パーマに悪い奴はいません(笑) 楽しんでってください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いぬ派ですか?ねこ派ですか?

↑どっちも大好きですけど、
俺はねこ派だっ!!!!!!!!!!!!!!!!

のほほんとしてる感じが癒されます。
飼いたい・・・・ww



はい。ということで、ね。
ネタ行きましょ~~~~~~~♪






まぁまぁ長編だから文章が物語り調になります。



 休日明けで、やけに眠い朝を越えて学校へと足を運ぶ生徒の姿を見つめながら、これまた眠さをこらえながら学校へ

向かう月曜日。

 そんな月曜日、決まってやってくるのは、ほぼ確実に変動せず月曜日の二時間目という位置を時間割にキープし続けている、"国際"と呼ばれる教科である。"国際"はまぁ国際関係のことを少しは知っておいたほうがいいじゃん的な考えで生まれた教科で、完全に失敗した教科であるのだが、それはまず国際と呼ばれるその教科が、具体的に何をするべきものなのか誰一人として理解していないからであり、国際担当の教員すらも意味のわからない(が結構面白い)先生だからというのもあり、要はそんな先生がやるんだからそれは授業になるわけもないということであるからである・・・。  当初の授業では世界の国々を調べるという、こんなもん地理だろと思われるようなものをやり、意味のなさを明確に現し、かつ中盤に入ると個人的に好きな国を調べろだドーのコーのなどとになりより内職性が高まると、終盤に至っては今回の話のように意味のわからないというか国際とは明らかに関連性のない授業をおこない、完全に授業ではなくなった。
 さて、なんのために作ったんだこの授業は。完全にだべるか、内職公認の授業になってるようなきがするのだが・・・
 しかし今回は全くもってひどかった。何故"国際"がこうなったのか?どこから変身したのか?
 全ては全くもって謎のかぎりである。






・・・・先日。
 恐ろしく寒いも、なぜか誰一人として寒いという言葉を発しなかった月曜日・・・おそらく口にした瞬間、寒気が倍増しそうな気がしたからだと思うのだが、明らかに寒かったこの日。いつもどおり睡魔と乱闘してから学校へ向かう俺たちは疲れながらも一時間目の国語を耳を素通りする先生の声を聴きつつ乗り切ると、国際の時間がやってきた。
 我らが誇る意味のわからない授業ナンバー1のかわいいおじいちゃん教師、その名も"山ピー"が教室に入ってくると、今回はまた一段と妙な違和感を感じた。が、まぁいつものことなので、あまり気にせずスルーして授業がスタートした。
 わが学校は先日テストを終えたばかりなので、気を使ったのか使っていないのか、
「あの、今回はテスト終って疲れてると思うから、ちょっと面白いことやるから。」
と、いいはじめ、プリントを配り始めた。この時点で明らかに国際の授業ではないなと思っていたのだが、プリントの題名を見た瞬間不覚にも驚きを隠せなかった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・"いぬとねこ"・・・・・・・・・・・・。wwwwwwwwww



 唖然とはこのことをさすのだろう。口が勝手に開くというか・・・、わけがわからない。
 数秒後、大爆笑。


いやいやいや・・・・・・・・・・・・・・・・・意味わかんないからねこれ。何?国際でしょ?
なに?いぬとねこって?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwおちつけじじいwwwwwwwwwwwww




空の声は無視して・・・・唖然と笑いのオンパレードだった。先生はとりあえず寝込んだ方が・・・・
どうしようもないままかまわずスタートした先生は、
「うん。今回は特別だから。別に聞かなくてもいいから。」
いや。聞かせろ。何半ば強制的に聞かなくていいことにしてるんだじじい。コレでわかると思うが、完全に授業などどうでもいいのだ。
「はい。聞いて~。」
どっち?!どっちなんだジジイ・・・・・・・聞いてほしいのか?聞いてほしくないのか決めたらどうなんだ?おい聞いてんのか?
「こんかいは、いぬとねこの話をします。この中にいぬかねこ買ってる人いる?あ、はいはい。すこしいるのね。わかった。他の人も、将来飼うかもわかんないから。今から便利な話するから。」
・・・少しは自重したらどうなんだろうかこの人は・・・
「アハハハ。何コレ?どんだけ?」
振り向くと後ろの席の"ごえもん"(名前の由来はいつか話すよ。)が笑っていたので二人で爆笑すると、山ピーは、
「あのね。いぬは家族の中で自分が何番目にいるかくらいをつけるの。だから、自分が上だと勘違いすると、大変なことになるの。」

大変なことwwwwwwwwww


わかったから一回やめにしたらどうなんだ?ほらミロ生徒たち聞いてないぞ。
「猫は違うの。ねこは自分より強いかどうかだけ判断するの。1対1なの。」
・・・・・・・・ちょっとまてあまり変わらなくないか??
「いいんだよ別にどうでも。」
とかなんとかごえちゃんが言ってた様な気がした。
 それにしても、ねこが可哀想なような気がしてきた。あまりにもねこの扱いがひどいのであるからなのだが、何を言っても何も変わらない事を当に悟っている俺らは授業も特に聞かず、受け流して聞いて、難易度の高い落書き大会を開催していたのだが、コレはまぁまたの機会でいいだろう。それにしてもだ。ぱっとプリント見たとこによると、3/4いぬなのだが・・・ねこが嫌いなのかあなたは。やけにねこの扱いがひどい。たとえるならば、やぶれた障子の枠の傷ぐらいしかきにしていない。
「いぬはいろいろ品種改良とかされて人間の役に立っているの。でもねこは顔だけなの。」
ねこ派としては非常に聞き苦しいのだが。やめろ。今すぐやめれい。
「俺どっちも好きじゃないから。」
ごえちゃん何をいう。嘘つけ。
「いやべつにマジで好きじゃないし。」
はぁ・・・・・・・。
「あのここ聞いて~。」
うるさいなジジイ~~~(^。^)!!聞いてほしいなら最初からそうしなさい。無駄におちょクラれている気しかしないのだが。
「いぬは自分が一番えらいと思うと誰のいうことも聞かなくなるの。だからバカ犬とかいっている人は、これをわかっていないの。」
全国のバカ犬っていったことのある奴に謝ってくれ。

ってかさっき言ってたこと~wwwwwww
もう一回言うほど大切かよwwwwwwwwwwwwwwww


 で、この先生。やけに生徒に近いのである。最前列は机はさんで目に前とかになって完全引いてる人がいるくらいだ。そこまで顔近づけなくても聞こえてるぞといいたいのだが。
「(爆)。」
ごえもんは笑いすぎだ。落ち着きなさい。
「だって・・・ww○○がww・・・」
何を言っているのかわからないくらい笑っているので、無視の方向に全力で走る。
 そんな中、先生が話しながら突然近くに来た。
一人一人の顔を見ながらしゃべっている。で、知らないうちにこの辺まで来てしまったと。そういう解釈でいいのか。おそらくだが。
「・・・・・・・・・・・・・・・・(爆)。」
急に静かになったごえちゃんだったが、無論耐えられるわけもなく笑い転げる。
やめろ。落ち着けい。



とまぁこんな感じのむちゃくちゃな授業だった。
とりあえずこれからは国際ないのでアレが最後だったということになるのだが・・・・果たしてよかったのかわるかったのか・・・・・・・・・。
必要ないことに変わりなく話は幕を閉じる。













とまぁね。最後のほうぐたぐただったけどしょうがない。
つかれちゃったからね。

それと。作りましたホワイトデーwww
出来はいいと・・・口に合うかどうかはしらな~い。


とりあえず・・・wwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。






ふぅ。笑った。











スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<MOJA NEWS  | ホーム | 男子の皆ッさんッホワイトデーはしっかりしなさい。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。